医院ブログ

部分矯正 LOT MTM

2019年11月17日メモ

LOT(Limited Orthodontic Treatment)
限局的な矯正治療
MTM、Minor Tooth Movementとも呼ばれている。
Minor Tooth Movement in general practice から来ているようだ。


アメリカ矯正歯科医会の用語集には、LOTは「歯列全体を対象とするわけではなく、限られた目標に焦点を当てている」と書かれている。対して、部分ではない矯正治療(全顎矯正や全体矯正とも呼ばれている)はComprehensive orthodonticsとあり、「解剖学的、機能的および審美的関係を含む、頭蓋顔面機能障害および歯顔面変形の治療」と書かれている。

Limited orthodontic treatment
Typically focuses on limited objectives, not necessarily involving the entire dentition. It may be directed at the only existing problem, or at only one aspect of a larger problem in which a decision is made to defer or forego a more comprehensive plan of therapy.
Comprehensive orthodontics
A coordinated diagnosis and treatment leading to the improvement of a patient’s craniofacial dysfunction and/or dentofacial deformity which may include anatomical, functional and/or esthetic relationships. Treatment may utilize fixed and/or removable orthodontic appliances and may also include functional and/or orthopedic appliances in growing and non-growing patients.   Adjunctive procedures to facilitate care may be required.  Comprehensive orthodontics may incorporate treatment phases focusing on specific objectives at various stages of dentofacial development.

一般的な歯科治療を行う際に、不正咬合がその障害となる場合がある。例えばブリッジの支台歯の傾斜や捻転などの位置異常がある場合、設計の自由度が制限されることがある。LOTで歯の位置を変えれば、それだけ理想に近い治療が可能になる。
また、部分的にでも不正咬合を改善すれば、咬合性外傷、清掃性、審美性がある程度改善されるので、QOLの向上に繋がる。