医院ブログ

インビザラインのゴムかけ

2019年4月27日インビザライン, 矯正治療

インビザラインで矯正治療をしていると、アライナーにゴムを掛けるように指示されることがあります。

リンガルボタンのように歯に装置が付いている場合は、ゴムを掛けやすい場合が多いのですけど、アライナーにプレジションカットが付いていて、そこにかけるときはなかなか引っかからないときがあります。

そんなときは、プレジションカットの出っ張り部分を少しほっぺた側に開いておくとかけやすくなります。

それでも無理なときは、写真の青線部分にハサミや爪切りで切れ込みを入れます。
そうすると口の外でゴムを掛けることができるので、楽にゴムかけができるようになります。

アライナーに手を加えるときは、担当医に相談してからにして下さい。