医院ブログ

Invisalign Top Doctor Meeting 2016

2016年11月3日インビザライン, スタディクラブ, 矯正治療

 

Invisalign Top Doctor Meeting 2016に招待されたので参加しました。
日本でインビザライン矯正治療をたくさん手がけている人に招待状が来るそうで、会場には40人ほど集まっていました。
最初にアラインテクノロジーの研究部門から、インビザライン矯正治療のこれまでの進化の流れと今後の展開、次の機能アップのインビザラインG7の説明がありました。かなり研究開発にリソースを投入しているようですね。
いままでの矯正関連のメーカーで、ここまで治療結果に対して踏み込んだ研究をしているところはないでしょう。相当数のデータが集まっているので、いまからアラインテクノロジーに追いつこうとするのは、困難な道のりになりそうです。

2016-11-02-14-53-21-1

次の講演はカナダのDr.Sandra Taiでした。バンクーバーで診療されているそうですが、アジア人の患者さんが多いんだそうです。
講演のあとは、各テーブルでラウンドテーブルディスカッションをします。
各自治療例を持ち寄り、ああだこうだと話す席です。非常に勉強になりました。
インビザライン矯正治療はアメリカではじまって約20年、いまだに進化し続けているので、こちらも常に勉強し続けていないと置いていかれてしまうんです。こういう会に参加できるのは本当にありがたいことですね。

 

2016-11-02-15-03-24

懇親会の別名とのこと。

2016-11-02-20-32-07

アラインテクノロジー アジアパシフィック責任者のサイン。

2016-11-02-23-56-53-1