名古屋市の矯正歯科ならとがり矯正歯科

ご挨拶

|八重歯 | 受け口 | 出っ歯 | 受け口 | 開咬 | 金属アレルギー患者 | 歯の数の不一致

※以下の症例は、患者さんの許可を得て紹介しています。

治療例(八重歯)

矯正歯科治療を希望される患者さんのお口の中の状態は人によって違います。ここでは、矯正歯科治療が必要とされる症状を項目別に分けて、治療前、治療後の比較をお見せ致します。
ご自身と似た症例を御覧頂き、治療を検討する際、ご参考にして頂けたらと考えております。

八重歯(叢生)

治療前 治療前
女性 開始時20歳9ヵ月

日本人によく見られる不正咬合で、いわゆる"八重歯"と呼ばれている例です。歯を抜いて治さなければならない歯並びです。

治療前 治療前 治療前

治療前
第一小臼歯は、この患者さんにとって不必要なため、抜歯をしています。
第二大臼歯は虫歯のため抜歯し、健全な第三大臼歯を利用しました。

治療開始後 1年 治療開始後 1年 治療開始後 1年
全ての歯がほぼ正しい位置になってきました。

治療開始後 2年4ヵ月 治療開始後 2年4ヵ月
動的治療終了

この患者さんの顎の大きさでは、歯の数は上下12本ずつで調和がとれます。
きれいな歯並びと、良好な噛み合わせが得られ、健康的で美しい笑顔になりました。

治療開始後 2年4ヵ月 治療開始後 2年4ヵ月 治療開始後 2年4ヵ月