名古屋市の矯正歯科ならとがり矯正歯科

ご挨拶

八重歯 | 受け口 | 出っ歯 | 受け口 | 開咬 | 金属アレルギー患者 | 歯の数の不一致

※以下の症例は、患者さんの許可を得て紹介しています。

治療例(下顎前突)

矯正歯科治療を希望される患者さんのお口の中の状態は人によって違います。ここでは、矯正歯科治療が必要とされる症状を項目別に分けて、治療前、治療後の比較をお見せ致します。
ご自身と似た症例を御覧頂き、治療を検討する際、ご参考にして頂けたらと考えております。

受け口(下顎前突)

治療前 治療前

治療前 治療前
女性 初期治療開始 8歳5ヵ月
前歯の反対被蓋は、上顎の成長を阻害する可能性があるため、早期に治療する必要があります。

下顎前突(下顎が大きい)に特徴的な下顎全体が、前方に突き出ている横顔をしています。


初期治療開始後 5ヵ月 前歯の反対被蓋の改善 初期治療開始後 5ヵ月

裏側(本例ではリンガルアーチを使用)から上顎前歯を押してやり、反対被蓋を改善します。
前歯の引っ掛かりは改善されましたが、上下の顎の骨の大きさにアンバランスがあるため、顎の成長発育の旺盛な小学校低学年から骨格のコントロールを行っていく必要があります。(本例ではチンキャップを使用)


本格矯正歯科治療開始 本格矯正歯科治療開始
15歳9ヵ月

上下の顎の骨のバランスが整い、成長がほぼ終了したため、本格矯正歯科治療を開始しました。
顎と歯の大きさのバランスが良好なため、歯を抜かずに治療を行いました。


2年1ヵ月後
動的治療終了
受け口(反対被蓋)は治り、大変良好な咬み合わせ(咬合関係)になりました。

動的治療終了 動的治療終了

動的治療終了 動的治療終了 治療前と比べると下唇の突き出しが少なくなり、調和のとれた口元になりました。