名古屋市の矯正歯科ならとがり矯正歯科

ご挨拶

八重歯 | 受け口 | 出っ歯 | 受け口 | 開咬 | 金属アレルギー患者 | 歯の数の不一致

※以下の症例は、患者さんの許可を得て紹介しています。

治療例(受け口)

矯正歯科治療を希望される患者さんのお口の中の状態は人によって違います。ここでは、矯正歯科治療が必要とされる症状を項目別に分けて、治療前、治療後の比較をお見せ致します。
ご自身と似た症例を御覧頂き、治療を検討する際、ご参考にして頂けたらと考えております。

受け口(反対被蓋)

治療前 治療前
男性 開始時13歳 0ヵ月

前歯の一部が反対被蓋(受け口)で、八重歯もあります。歯並びにデコボコがありますが、歯を抜かずに治療しなければならない例です。

治療前 治療前 治療前


初期治療開始 初期治療開始
反対被蓋(*印)の場合、これらの歯に負担をかけない為にも、すぐに治療しておく事が大切です。
上顎の裏側に簡単な矯正装置(リンガルアーチ)を付け、初期治療を開始しました。

初期治療開始後 2ヵ月 初期治療開始後 2ヵ月
前歯の反対被蓋が治りました。
この後の全体の治療は、第二大臼歯が萌出するまで開始しません。これはブラケット(矯正装置)を付けている期間を出来るだけ短くする為です。

矯正歯科治療開始 矯正歯科治療開始
13歳 9ヵ月

ブラケットは、この様なメタルの他に、目立ちにくいセラミック、プラスチック等を選択する事が出来ます。
また、全部裏側からする事も可能です。

矯正歯科治療開始後 1年半 矯正歯科治療開始後 1年半


矯正歯科治療開始後 2年1ヵ月 矯正歯科治療開始後 2年1ヵ月
動的治療終了
この患者さんの顎と歯の大きさのバランスでは、歯を抜く必要がなく、上下14本ずつの歯で調和が取れています。
きれいな歯並びと、良好な咬み合わせが得られ、健康的で美しい笑顔になりました。第三大臼歯(親知らず)はまだ萌出していません。

矯正歯科治療開始後 2年1ヵ月 矯正歯科治療開始後 2年1ヵ月 矯正歯科治療開始後 2年1ヵ月